消費者金融の比較ポイント 消費者金融を選ぶ時に、比較するポイントを詳しく説明!はじめての方は必見!!

> > やはり金利も重要??

やはり金利も重要??

消費者金融を比較する上で、あたりまえのように誰もが思いつく点として
金利面がどうなのか?という点が挙げられます。

もともと消費者金融の金利は、
比較的高いものとして知られている傾向にありますが、
貸金業法の改正にともなう、上限金利引き下げや、
銀行資本の参入などによって、
銀行カードローンと同等とまではいかないものの、
そこまで極端に高い金利を設定する業者は、ほぼないといっていい状況です。

審査スピードの速さや、借入れが可能な業者か、などの他の条件と 併せて比較するならば、18%前後という金利も決して高いものではないはずです。

とはいえやはり、銀行のカードローンと比べるならば、
やはり高い金利であることは確かです。

金利を比較するポイント

消費者金融に限らず、借入れをする際には
その借入額によって金利が変動します。
小額の場合には、設定金利の上限金利。
高額の場合には、設定金利の最低金利となるわけです。

例えば、借入れ限度額500万円 4.5%~18.0%
というスペックの業者で、5万円を借りたなら金利は18.0%
500万円借りたなら金利は4.5%が適用されます。
250万円借りた場合には、このスペックだけでは
適用される金利はわかりません。
業者によって、いくらまでは何%などという形で金利が決められているはずです。

このように借入れ額によって変動する設定金利について、
しっかりと把握した上で、借入額によって適用されるであろう金利を読み取り、
その数値を比較することで、実際の金利を比較できるわけです。

業者選びには総合的な判断を

こういった金利比較は重要なポイントのひとつであるといえますが、
金利だけを比較して、業者を選ぶのはあまり意味がないともいえます。

いくら低い金利の業者を選んでも、審査に通らなくては意味がありませんし、
希望の借入額を借りられなければ、これもまた意味がありません。

もちろん金利が低いことに越したことはありませんが、
金利面を最優先して選ぶほどの金利差は、現在の消費者金融業者
特に大手有名業者の間には、存在しないともいえます。

さまざまな条件を選択条件に加味して、総合的な判断を下すことが、
賢い業者選びのポイントといえるのではないでしょうか。