消費者金融の比較ポイント 消費者金融を選ぶ時に、比較するポイントを詳しく説明!はじめての方は必見!!

> > 借りたい金額と借りる目的

借りたい金額と借りる目的

借り入れたい金額、必要としている金額はいくらかという点によっても、
どの消費者金融から借りればよいのか、選択する基準は変わってきます。

消費者金融は銀行などの融資に比べるなら、比較的小額なものとされています。
具体的には数万円から100万円、
多くても300万円程度の融資に向いているのが消費者金融。
対して、銀行では小額の融資も可能ですが、500万円以上
さらには800万円まで限度額として対応しているものもあります。

ですから、300万円を超えるような大きな金額を借りたい場合には、
消費者金融よりも銀行での借入れを検討するほうが、
金利面を含めても向いているといえます。

とはいえ審査に通過できるかどうか

とはいうものの、借入れが可能な業者か のページでも触れましたとおり、
銀行に申し込んでも審査落ちしてしまっては本末転倒です。

さらに、業者ごとの限度額にかかわらず、
利用者それぞれの限度額は審査によって決定されます。
例えば、限度額300万円としている消費者金融のサービスであっても、
年収が200万円であったなら、総量規制によって最大でも60万円~70万円までの 限度額設定となりますので、借りたい金額に加えて、
自身の年収がいくらかによって、借りられる最大金額は決定してくるわけですね。

フリーローンと目的別ローン

数百万円などの高額な買い物をする場合なら、
消費者金融や銀行カードローンなどの無担保で
目的を限定しないフリーローンよりも、
目的を特化した目的ローンを利用するほうが、
低金利で審査の面でも有利ですね。

自動車購入のためのカーローンや、住宅購入のための住宅ローン、
学費のための教育ローンなどなど、
さらに近年では、さまざまな目的に合わせた
目的別ローンが用意されている場合があります。
はっきりとした使用目的があるのであれば、
それぞれに利用できるローンがあるかどうか、
調べてみる必要があるといえます。

どうしても現金で目的を限定しない借入れが必要という場合に、
はじめてフリーローンの登場となるわけです。
そういった意味でも、お金を借りたい=消費者金融という風に、
なんでも消費者金融から借りれば・・・という具合の考えないことも大切です。

当サイトは消費者金融の比較ポイントというサイトではありますが、
まずは消費者金融が借入れ先として適しているのかどうかを、
もう一度検討してみてはいかがでしょうか。