消費者金融の比較ポイント 消費者金融を選ぶ時に、比較するポイントを詳しく説明!はじめての方は必見!!

> > 審査に通りやすい業者とは

審査に通りやすい業者とは

すでに数社から借入れがある方で、審査に自信がない方ですと、
実際にはそんな業者は怪しいと思っていても
「激甘審査」とか「誰でも借りれる」とか、
そういった宣伝文句につられてしまいそうになるのも無理はありません。
審査基準は、それぞれの業者によって違いがあることは確かですが、
こういった文句を掲げているところは、
やはり関わらないほうがよいです。

また、知り合いや友人が利用したからという情報も、
こちらでも触れましたとおりあまり参考にすべきではありません。

成約率(新規貸付率)を参考にする

では参考にすべき情報はなにか?といいますと、
各業者が公式サイト上で公表している成約率(新規貸付率)です。
文字通り、新規での申し込みを行った方の中で
成約となった人の割合をしめすもので、
大手業者の中でこの数字がいちばん高く推移しているのがアコムで、
47~49%前後で50%にも届こうかという数字です。

49%の場合なら、新規申し込みが10人いたとして、
そのうち4.9人が成約となり融資を受けたということなので、
ほぼ半数の人が審査を通過できた実績があるということになります。
銀行のカードローンでは成約率は公表されていませんが、
およそ30%前後であるといわれていますから、この49%という数字は
かなり審査に通りやすいと考えて良いでしょう。

ただし単なる統計データでしかありません。
このような実績があるというだけで、それぞれの属性、条件によっては
51%の非成約の側に入ってしまうかもしれません。
必ずしも審査に通るとはいえないのが現実です。

消費者金融大手業者の成約率について

前述のようにアコムは47~49%ですが、
他の大手業者ではどうなのかというと、プロミスで42~44%
アイフルで44~46%といったところで、このデータから判断するなら、
アコム⇒アイフル⇒プロミスの順で審査に通りやすいといえます。

これまでにまったく借り入れがないという方であれば、
どこでも大丈夫でしょうし、
1社でも借り入れがあるなら、この数パーセントの差をにあなたが
入ってしまわないとは限りません。

結論としては、審査に通りやすいかどうかは、
成約率である程度推し量ることは可能ですが、
実際に通るかどうかは、
やはりそれぞれの属性に大きく左右されるということ。
こういったことを踏まえた上で、
成約率を業者比較の際のひとつのポイント
として参考にするならば有効な比較ポイントだといえます。